債券を購入する前に知りたいこと

債券投資とは国債や社債といったものに投資することを言います。これは国や地方公共団体、企業が設備投資等の資金を調達する上で発行するものです。
多くの種類があり物があります。例えば、個人向け国債や米ドルやユーロなど外貨建てで発券される外国債があります。これらの投資の魅力的なところは銀行の定期預金よりも満期時に戻ってくる金額が高くなることがあります。そのため、非常に注目されています。しかし、注意しなくてはならないことがいくつかあります。まず、いつでも買えるわけではなく購入日が決まっています。5年ものや10年ものの国債については、中途解約が出来ない時期があります。また、重要なことに中途解約をした場合は元本が保証されません。
そのため、定期預金感覚でこれらを購入する場合、いざお金が必要になっても解約出来ないばかりか、全額戻ってこないというリスクがあります。そのため、これらの投資を行う場合は今後何年も使わないお金で行うべきでしょう。他にも外貨建ての国債の場合は為替手数料が必要となります。その上、この手数料は為替の値動きによる変動を受けやすいことも特徴の1つです。つまり、これらの投資を行う場合、預金全てを使うなどということはせず普通預金や定期預金などに分散させて管理することが大事になってきます。
紅葉03

コメントは受け付けていません。