債券の種類とその特徴

債券とは、国、地方自治体や会社などが、お金を借りるときに発行されるものです。
債券を発行することにより、お金を出してくれる人に対して、いくら借りて、いつまでに返済して、金利はいくらになるかを示します。
返済期限である満期まで保有すれば元本が償還されます。また、償還されるまでの間、定期的に利子がもらえます。
債券にはいくつかの種類があります。国が発行する債券で代表的なものは利付国債です。倒産リスクを考える必要がないことから、利率は低くなっています。国債の中でも、個人向けに特化した国債が個人向け国債です。個人向け国債は、途中換金の方法などで他の債券には見られない特徴があります。
国が発行していないものの、国が元本の償還を保証する債券もあります。この種の債権は政府保証債と呼ばれます。国際協力銀行債がその一例です。国の保証がついているとはいえ、国が発行する債券ではないので、金利は国債に比べて少し高めです。
会社が発行する債券は社債と呼ばれます。社債の中でも、満期まで保有すれば元本が償還され、償還までの間、定期的に利子を受け取れるタイプのものを普通社債と呼びます。社債が無事に償還されるかどうかは、会社が倒産しないで存続するかどうかにかかっています。このため、会社の信用力に応じて利率が大きく異なります。
湖畔01

コメントは受け付けていません。