目論見書

目論見書とは、有価証券の募集や売り出しのために、相手方に提供する文書のことを言います。投資家に交付する有価証券の内容や、募集や売り出しのための条件が記載されており、発行者の名前、業務内容、資本構成、財務諸表、手取金の使途などの発行者に関する情報や、発行総額、発行価格、利率、払込日と満期日など発行する有価証券に関する情報、また、引受人、引受額、手数料などの引受に関する情報が詳しく記載されています。これは投資家に、投資判断の基準となる、重要な情報を提供することが目的とされており、販売会社を通じて投資家に交付することが義務付けられています。また投資判断の基礎資料となる事項において、虚偽の表示があった場合や、重要な事実を表す事項が欠けていた場合は、該当する有価証券の募集や売り出しに応じてそれを取得した人に対して、発行者または有価証券を取得させた人が賠償責任を負うことになります。
国債や地方債に関しては、この発行義務はありませんが、株式や社債などの有価証券の募集や売り出しに際に使用される、いわば勧誘文書ですから、債券を購入する時には、証券会社などの窓口で入手し、内容を十分に確認することが大切です。
桜

コメントは受け付けていません。